2016年12月16日 (金)

医師の仕事って何してるんだろう??

医師の仕事って、患者さんの病状を見て薬を処方してればいいから楽、とか思っている人が多くて困ります。医師にもいろいろな役割がありますし、そもそも内科や外科、耳鼻科や消化器科など、人体のどこを専門とするかで仕事の内容もだいぶ違ってくるんです。ドラマのようにかっこよく手術するから報酬が高いというのも間違いで、手術一回でいくら、なんて単発報酬で稼いでいる医師なんてほとんどいません。医師といえど勤務医は雇われている人間なので、一日働けばいくら、というサラリーマンと決して変わるところはないのです。職務の内容だって、診察を行って患者さんにお礼を言われることもありますが、ずっと机にかじりついて論文を読んだり、研究結果をまとめたり、医局内の臨床結果を取りまとめたりと地味ですが頭を使う作業に費やされる日々もたくさんあります。大学病院などでは学生の世話もしなければなりませんし、指導や論文の添削などは骨の折れるものです。決して毎日同じルーティンワークをしているわけではなく、わりと雑多な仕事をしていると思っていただいて結構です。個人病院などでは自分の裁量で大体の仕事をこなすことができますが、大きい病院組織というものは割と縦割り社会なので、先輩医師や医局長、教授などの顔色を窺ったり、指示されたことを確実に遂行するようにするなど、世渡りや作業の効率などの要領のよさのほうが求められるのかもしれません。なかなかしがらみの多い仕事でもあるので、純粋に患者の役に立ちたいとか、あまり理想を掲げすぎているとつぶれてしまう医師も多く、転職を繰り返している人もいますね。何事も忍耐と、少しのあきらめが必要というのは私の信条なのです。

2016年10月29日 (土)

私転職ばかりの医師です

転職というものは、一般の職業にしろ、医師にしろ、時間と労力を使うものです。私は今40代ですが、すでに5回の転職をしていまして、まあ正直、労働環境にかなりぜいたくを言ってるからかもしれませんが、なかなか一つのところにずっと勤務がしていられないんですよね。年数にしたら長くても5年、短いと1年でやめてしまった病院もあったりしまして、ここまで転職が重なると人間関係の悩みなのか?とか言われたりしますが、意外にそういうわけではないんです。私の主義主張としては、できるだけ時間外労働はしたくないということ。給与が出る出ないにかかわらず、人間としてミスなく勤務できるのは8~10時間が限度だと思うんです。ましてや仮眠しか取れない宿直勤務などはもってのほか。あんなのは人間の尊厳を全く持って無視した勤務形態だと思うのです。ですから転職先を探すにしても、時間外労働は基本的になし、緊急の手術の時のみ、担当患者の急変なども基本的には時間が来たら次の時間の先生にお願いすることを許容してもらえる医院を探します。宿直もどうしても勤務医がほかにいない場合のみ、月2回を限度としてもらえることを条件にしていますが、やはり勤務していく中でどうしても折り合いがつかないことも出てくるので、改善を要求しても通らない場合にはその病院を去るということになります。ありがたいことにこんなに不義理な意志でも雇ってくれるところは無尽蔵にあるわけで、私としては勤務地にはこだわりがないので県外に出るも田舎に引っ込むもよしということにしています。むしろ今はわたしの安住の地はないものかと探すそのプロセスに楽しみを見出す始末。いつかそんな病院が見つかればいいのですが。

2016年9月 7日 (水)

医師の生活と職業について

仕事というものは、人間の社会生活にはなくてはならないものです。仕事をすることで得られるものは多いものですよね。たとえば、最も多くの人の仕事をする理由になっているのが経済的な利益があるという点でしょう。仕事をすればお金がもらえますし、職場の制度によっては健康保険や年金の支払いを一部負担してくれるところもあります。会社持ちの施設の無料使用などの福利厚生の部分も魅力的ですし、もっとしっかりしたところですと社宅や家賃補助などが受けられるので、経済的にはかなりお得であるといえます。さらに、仕事の内容によっては責任感を強く感じたり、達成感を感じることができるため、精神的にいい気分になることもできます。長年勤めることでキャリアも積まれますし、技術や熟練の技を習得することでさらに高収入な職場に転職するなどのキャリアアップも望むことができるのです。もちろん、私たちの選択できる仕事は幅広く、一部年齢制限のある職種でない限りは何歳になろうが、どんな経験があろうがどんな職業にも転職することができるのです。いったんサラリーマンをしておきながら退職し、大学に入りなおして医学部に転科、その後しっかりと医師になったという人もいますし、弁護士や会計士なども資格を取りさえすれば大学卒業後ストレートでなくてもなれる職業なのです。特に医師の転職は意外に多く行われており、キャリアアップだけでなくスローライフのために田舎に移住するとか、過疎地域の医療に貢献する点の派遣とか、家族のための転職などもよくあるパターンだともいえるのです。一般の職種と同じようにさまざまな働き方があるため、医師もある意味では一人の労働者といえるのです。

2016年1月27日 (水)

医者の親って大変なんです!

医者になるには、大学で必死の勉強をして、6年もの間医大に通い、また卒業後も研修医として勉強して・・・

と、並々ならぬ努力が必要ですよね。
確かに、そんな大変な壁を乗り越えてきた医師は、多少、自信過剰になってしまう人もいて当然かもしれません。
それで、何かと文句をつけては転職したくなったりするわけですが、その前に、まず思い出さなくてはならない人間としての基本があるのです。
それは、親への感謝。
なぜなら、医師という職業に就くまでに、きっとその親は相当の苦労をしてきているからですね。
子供を1人育てるのには、総額で何千万円ものお金がかかると言われている時代です。
国立の大学に入ったとしても、学費はバカになりません。
それが医大ともなると、かなりのコストがかかってきます。
コストをかけて子供が医者になったからと言って、親に学費を返してくれるかと言うと、そうとも言い切れないのが現実ですよね。
でも、それでも親は、医師という素晴らしい職業を目指す子供を必死に支えるのです。
莫大な教育費をかけて医師に育て上げた親は、かなりの苦労をした、立派な親であると言えるでしょう。
せっかく、そんな苦労をして医者に育ててくれたにも関わらず、ワガママばかり言って転職を繰り返しているようなら、きっと親も悲しみますね。
儲けや働く条件ばかりに目を向けるのではなく、何よりも患者さんのために何ができるのか、何をするために医師という職業を志したのか、そういった点をもう1度よく考えて、初心に帰ってこそ、本当の意味での転職成功が叶うのかもしれません。
そうして自分が納得できるフィールドに立つことができれば、育ててくれた親に対しても、胸を張って、ありがとうと言えますね。

2015年12月 9日 (水)

医師こそ健康管理が必要!

医者の不養生なんて言葉がありますよね。

これってよく言ったもので、確かに医師という職業は、患者に健康面の指導をしながら、病気や怪我の治療なんかもしているにも関わらず、医師自身は健康を損ないやすかったりするものです。
なぜなら、労働環境が過酷なことが多いからですね。
医師と言う職業はとにかく激務です。
特に医師不足が叫ばれる科目に関しては、寝る間も惜しんで働く医師が少なくありません。
産婦人科などは代表的ですよね。
しかも命の現場であることから、常に気が張っており、ストレスを感じるのも医師のお仕事。
このストレスこそが、健康を害する大きな要因になることは、誰もが周知の事実でしょう。
ミスが許されないという職業はたくさんありますが、その中でも最大級にミスできない仕事、と言えますよね。
そんな医師のお仕事は、付き合いなども意外と多いものです。
特に立場が上になると、イロイロと飲み会の機会なども増えますよね。
そして夜遅くまでの勤務で、食事が夜の22時以降、なんてケースもあります。
勤務時間も不定期で、寝る時間もムチャクチャ・・・
これじゃ、健康を損なうのも当然ですね。
仕事柄、ある程度は仕方ないのかもしれませんが、やはり医師も健康管理は重要です。
もし体を壊したら、多くの患者さんが困るのだということを考え、自分のためだけでなく、患者さんのためにも、しっかり健康管理して医師として長く活躍できるようにしたいですね!
人間は欲があるから、知識として「これは体に良い」「これは体に悪い」ということを知っていても、それを実践するのは簡単ではありません。
欲をぐっとこらえて、健康管理がしっかりできるようになってこそ、本当に患者のことを考えた優秀な医師であると言えますね。

2015年10月30日 (金)

儲けを気にしない医者もいる!?

ドラマ「遺産争族」では、儲けを考えない医師が登場してきますよね。

年収も300万円台なんて、医師としては信じられない額ではないでしょうか?
医師の年収と言えば、1000万円超えも夢ではないイメージですね。
ですが、実際に研修医はそれほど多くの収入を受け取っているわけではなく、このくらいが平均的なようです。
あのドラマの医師のように、色々な科目でとにかく研修を続け、学び、将来的には外国で救いの手を差し伸べる、儲けを一切考えない医師って本当にいるんでしょうか?
実は、そういう医師は意外と多いみたいですね。
そもそも、医師という職業は稼ぎたいという気持ちだけで慣れるような生半可なものではありません。
人の命を救いたい、人を助けたいという気持ちでなる方が大半であり、よくあるドロドロのドラマのように、損得勘定だけに走っている医師の方が少ないのではないか、とも言えるほどです。
実際、以前テレビ番組で麻酔科医の仕事が放送されていましたが、赤字とも言って良いほど、本当に収入は少なく、ほとんど寝る時間も惜しんで働いているという話でした。
命を目の前にして、お金のことなんて考えていられませんもんね。
少しでも良い条件を探して転職する医師もたくさんいます。
ですが、中には儲けを度外視して、命の現場で頑張る医師が大勢いるのだということを忘れてはなりません。
最近の医療ドラマはドロドロしすぎていて、まるで病院という場所が、お金のことだけを考えた汚い場所のようなイメージを持たれてしまいがちです。
これは真っ赤なウソ!
人より努力して医師という資格を取得し、寝る間も惜しんで働く医師の姿を、もっとドラマでもピックアップしてほしいものですよね!

2015年7月18日 (土)

転職するなら医師転職ドットコム

実際にこのサイトで転職された300人もの事例をご紹介していきます。
他にも、医師転職ドットコムに関する内容を詳しく説明したいきたいと思います。
●転職サイトはこれで決まり~医師転職ドットコム~
医師という職業を誇りに思っている方が多い中、自分のやりたいことへのスキルアップ
だったり、子供が生まれて家族を優先しながら仕事を続けたい方などを理由に転職
される方が多いのです。
確かに医師にもよりますが、転職される理由はその人たちによってさまざまですね。
ですが、転職する内容によっても、本当にその自分に合った希望内容の転職先が
見つかるかどうかは、一般のハローワークなどの求人紹介所では見つけるのは難しいことです。
中には今現在働いているところよりも年収をもっと稼ぎたい方もいますでしょうし、
そのような希望に沿った転職先ってあるのでしょうか?
いいえ、あるんです。
ハローワークなどでは、大まかな求人が募集されていない中、医師限定の転職サイトを用いれば、
やりたい仕事内容は見つかりますし、自分のほしい年収に沿った病院も見つかるのです。
ここ最近では、女性の進出も大きくなってきた医療業界ですが、そんな中女性は子育てや妊娠
出産によって、長い育児休暇をとったり、子供が急に風邪をひいてしまった場合ですと、
仕事を休まなければならないですよね。
そういった急な状況も対応している病院なんかも簡単に検索しやすく、実際に転職された方が多いのです。
少しでも多くの女性にも社会進出をさせようとしているこの国では、転職サイトは欠かせないものなのです。
●希望内容や職務内容に沿った転職先を見つけることができる
転職される理由でもっとも多かったのが、給料のアップです。
今働いているところよりももっと稼ぎたい方向けにも、簡単に転職先を見つけることができるのです。
実際に今までの年収から200万円もアップした方もいましたので、今転職を考えているなら、
ここのサイトで決まりです。

2015年6月12日 (金)

医師の転職のひみつ

土日、祝日は決まって休み。
ほぼカレンダー通りの休みになっているので、ゴールデンウィークやお盆、お正月、すべてお休みがもらえます。
しかも有給制度があるので、年に何回と決められた期間を休むこともできます。
それが医師という職業です。
給料形態もとても良く、夏冬と二回あるボーナスも、みなさんが思っている以上にもらっています。
毎月の給料もだいぶ高額もらえるのに、ボーナスは一体どれぐらいもらえるんでしょうね??
一応、所属している科にもよりますので、医師でも人それぞれ給料は異なるみたいです。
その医師という職業ですが、最近転職する方が多く、話題を呼んでいますね。
そのせいか、医師専用の転職サイトまであるぐらいです。
なぜ医師は、転職するのでしょう??
その理由は、さまざまです。
・今所属している科では、満足しないから、ほかの科に移動したいため。
・スキルアップ
・給料が高い病院へ移動したい
・ほかの資格を取得したい
などと、みなさんそれぞれ考えることは違うのです。
ほかにも、自分の実家の病院を継ぐため、今の病院を辞めるという理由もありました。
医師が転職する際に、もっとも利用されているのは、やはり転職サイトが一番多いようです。
自分の希望にあった転職先を簡単に見つけることができるので、とっても便利なんだとか。
例えば、週4日程度の出勤にしたい、週2日程度の出勤にしたいなど、自分の希望通りを探すことが可能なんです。
もちろん給料も出勤日数と同様、自分がどれぐらい月にほしいのか、検索するだけですぐ見つかるのです。
特に医師が転職されるもっとも多い時期が4月なので、その時期に合わせて見つけるようにするのもいいかもしれませんね。
医師が転職する際に利用するこのサイトが今もっとも人気のようです。

2015年5月 1日 (金)

ゆらーり医師の転職続きなブログ

この不景気な世の中で転職する方が増えているのをみなさんご存知でしょうか?

特に転職率が高いとされている職業が、「医師」です。
医師から違う病院などに転職される方も多いんだそうですよ。
なぜ人々は転職するのでしょう。
いろいろ調べてみましたが、やはり給料形態などが大きく影響しているようです。
気軽に調べるなら、ネットを活用するのが一番ですが、ネット環境がない方でそれでも調べてみたいという方は、地元のワーキンなどにも掲載されていますので、そちらを見ていただいてもわかると思いますので参考にしてみてください。
気になる給料形態ですが、地域や資格の多さや経験年数、専属する科にもだいぶ異なってくるので一概にいくらいくらと細かくお話できませんが、大体の平均金額は約30万円ほどだと言われています。
また、ボーナスも夏冬と二回あるのですが、相当な額がもらえちゃうんだとか。
羨ましいですよね。
しかも週休2日制ですし、カレンダーの赤い日なんかは決まって休みじゃないですか。
それに社会保険やいろいろな保険なんかもしっかりしているので、子供を出産するときなんかは、特別な保険が降りてきたり、産休期間もしっかり保障されていたり、いろいろな特典があるのが医師という職業です。
そんなとっても身近で、これからの時代、少子高齢化が進む世の中、医師は多ければ多いほど病院側は助かるというものです。
それに、医師の給料って主に国などから支払われていますので、何人雇っても人手不足にならなければ、たくさん雇うものです。
転職するにあたって、まったく医師とは関係のない職業から転職されてくる方も多いみたいですよ。
普通の一般サラリーマンなんかが特に多いみたいですが、資格をとって医師になれたら毎月決まった高給料がくるのであればがんばれちゃいますね。

2015年1月30日 (金)

大学の派閥は一生つきまとう??

派閥人事、ときけば大企業を舞台にしたテレビドラマの題材になるものです。同時に、総合病院での理事会を舞台にしたもので有名なのが「白い巨塔」。ご存知、山崎豊子氏名作ですが、何度もテレビドラマ化されては、高視聴率を誇っています。

ところが、実際の大学派閥というものは、現在その「弊害」がクローズアップされてきたこともあり、だんだんと解消している…といわれています。普通、東大医学部卒という医師でも、東北や北海道では「??」という存在でしかありません。東北なら東北大学、北海道なら北大か札幌医大の方が圧倒的に学閥が強く、地域の病院に顔が利くのは後者の方です。

ただ、派閥とはいっても、各病院はより高いスキルを持った医師を欲しがります。とりわけ私大の場合は、昨今順天堂大学がめきめきと力をつけ、学生の人気は慶応以上といわれます。日大出身と慈恵医大出身を比べても、医師のレベルの差は個人の差であって、大学の差はまずありません。つまり、学閥の力はむしろ病院内の経営という「理事会」での発言力に限られているといってよいでしょう。

今や、どの医大を出ても、結局働きたい場所の大学を探して医局に入局することが、医師としての「本籍」を確保することです。九州で働こうとするなら、京都大学医学部卒の肩書きは何の役にも立ちません。北九州ならば産業医科大学の方がメリットがあるのです。これは派閥とは違います。全ては大学医局によって研修医が地域の病院に派遣されることで、地域の独特なネットワークが構成される、ということです。

いうなれば、地域閥というものはある程度認められます。これは、日本全国の様々な地域の事情に適した医療制度を、地域が独自に対応しているから、といえましょう。

«医療は甘い仕事ではない