« 医師こそ健康管理が必要! | トップページ | 医師の生活と職業について »

2016年1月27日 (水)

医者の親って大変なんです!

医者になるには、大学で必死の勉強をして、6年もの間医大に通い、また卒業後も研修医として勉強して・・・

と、並々ならぬ努力が必要ですよね。
確かに、そんな大変な壁を乗り越えてきた医師は、多少、自信過剰になってしまう人もいて当然かもしれません。
それで、何かと文句をつけては転職したくなったりするわけですが、その前に、まず思い出さなくてはならない人間としての基本があるのです。
それは、親への感謝。
なぜなら、医師という職業に就くまでに、きっとその親は相当の苦労をしてきているからですね。
子供を1人育てるのには、総額で何千万円ものお金がかかると言われている時代です。
国立の大学に入ったとしても、学費はバカになりません。
それが医大ともなると、かなりのコストがかかってきます。
コストをかけて子供が医者になったからと言って、親に学費を返してくれるかと言うと、そうとも言い切れないのが現実ですよね。
でも、それでも親は、医師という素晴らしい職業を目指す子供を必死に支えるのです。
莫大な教育費をかけて医師に育て上げた親は、かなりの苦労をした、立派な親であると言えるでしょう。
せっかく、そんな苦労をして医者に育ててくれたにも関わらず、ワガママばかり言って転職を繰り返しているようなら、きっと親も悲しみますね。
儲けや働く条件ばかりに目を向けるのではなく、何よりも患者さんのために何ができるのか、何をするために医師という職業を志したのか、そういった点をもう1度よく考えて、初心に帰ってこそ、本当の意味での転職成功が叶うのかもしれません。
そうして自分が納得できるフィールドに立つことができれば、育ててくれた親に対しても、胸を張って、ありがとうと言えますね。

« 医師こそ健康管理が必要! | トップページ | 医師の生活と職業について »